江戸櫃五合
型番 mokko0040
販売価格

9,166円

在庫数 在庫0個 売切れ中

ファッション雑誌等でおなじみの、長野県松本市在住のスタイリスト 伊藤まさこさんの著書『信州ハンドクラフト手帖』で紹介されている、上松町在住の桶職人 田上定行さんが手作りするおひつです。
『田上定行さんのおひつとの出会いは今から10年以上も前。友達の家に、晩ごはんに呼ばれた時のことでした。炊きたてのまっ白ごはんが、それはおいしそうにおひつの中に入っている様子を見て、「私も欲しい」。そう思ったのでした。<中略> お米の余分な水分を取り、炊きたてのごはんを、つややかにおいしく保ってくれるおひつ。冷めてもおいしいので、夜、多めに炊いたごはんをおひつに移して、そのまま台所に置いておき、翌日の朝も、そして昼もそこからよそって…なんてこともしばしばです。』
(伊藤まさこ『信州ハンドクラフト手帖』より抜粋)

天然サワラのお櫃は、吸水性と保水性が高く、防腐効果があります。また、サワラは抗酸化作用のあるピシフェリン酸を含んでいますが、無色、無臭のため、商品の味や香りを損なわず、香りもヒノキに比べて穏やかで、他のものに移りにくいので、古くからお櫃や飯台に用いられています。
炊きたてのご飯の水分を適度に吸い、取り置きする場合もご飯が乾燥しにくくつややかです。
毎日の食卓に、サワラのお櫃の美味しいご飯。あなたもいかがですか?

○サワラとは?
ヒノキと同じヒノキ科ヒノキ属の針葉樹。学名:chamaecyparis pisifera
木質がヒノキの他の仲間に比べて「さわらか(やわらかいの意)」なため、さわら木と呼ばれ、これが略されてサワラになったと言われています。
木曽五木(ヒノキ、サワラ、ネズコ、アスナロ(ヒバ)、コウヤマキ)の1つで、心材は赤褐色または黄褐色で、年輪が密で加工しやすいのが特徴です。

桶:底内径16.5僉Τ扱18僉⊂緇口内径18僉Τ扱20.5僉高さ外側14.5僉γ翅12
蓋:内径21.5僉Τ扱23.5僉高さ外側5僉γ翅4.0
※こちらのお櫃は「ご飯5合用」です。
(天然の素材を手作りしておりますので、サイズが表記と違う場合がございます)

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける